生徒の声・合格体験記

合格を勝ち取った生徒の声には、何かを乗り越えた体験があります。

立命館大学(薬)合格のT.Horikawa君

AO入試で立命館大学に合格

立命館大学合格体験記

私はAO入試を利用し立命館に入学しました。通常の受験とは少し異なりますが、そんな私の体験記で良ければ読んでいってください。

私は中学受験をしました。その結果は第一志望には落ちてしまい、都内の中高一貫校に入学しました。中学時代の私は「勤勉」からはとても離れたものでした。それが理由にもなり両親は私を心配し稲門学舎に半ば強制的に入塾させられました。それでも根本的な解決にはならず、私は校内の成績は常に下から3割の内に入っていました。

そんな私が受験を意識し始めたのは高校2年生の夏休み前でした。ただ意識といっても、だいたいどんな学校がいいのかの方向性しか決まっていなかったため、どこか学校を見に行くとしたら最後の夏だと思い関西の方へ1週間ちょっとの旅行に行きました。その旅行で関西方面のいくつかの大学のオープンキャンパスに参加したのですが、そのうちの1つが立命館でした。立命館の理系キャンパスは愛知県にあり大学の中でも完成してから新しい方です。それもあり実験室の見学や研究の成果を見学した時にすごい憧れの気持ちがあったのを覚えています。それをきっかけとし私は勉強の方に目を向けていきました。

その当時私は理系の物理化学選択でした。ところが、物理も化学も両方ほとんど勉強していない状態でした。なのでまず私は理科を1科目からできるようにしようと思いました。私は化学を選びました。化学は3学期になると無機の分野に入り今までとは一新されるからです。力を入れて勉強した化学は順調にできるようになっていきました。その反面、全く勉強していないといっていい物理はほとんどできない状態でした。そこで高2の終わりの春休み前に私は物理を切る選択をしました。この選択が正解だったのかどうか、AO入試で合格を決めた私には結果として分かりませんが。そのおかげで英語、数学、化学の3科目だけに専念することができました。実際、理科2科目必要な大学は国公立と早慶だけです。もちろん理系に進むならば国公立は目指すべきといった雰囲気が学校にもありました。しかしつまるところ私は高校3年生となる前に諦めた訳です。

私がAO入試について知ったのは高校3年生の夏休みでした。経緯はまたも立命館のオープンキャンパスに参加したからです。その入試方法は一言で言うなら1科目のそれも1分野での受験です。しかしその内容は「実験」でした。ただその方法だけに賭けるつもりはありませんでしたが、私はその実験の練習をするために高校の先生にお願いをしました。私が合格できたのはここで練習したからです。

最後にまとめるとすると、私がかなり独特な入試を成功させることができた理由は「自分で動けたから」と「その結果、周りに助けてもらえたから」だと思います。ありがとうございました。(2019)

本人直筆の合格体験記はこちら

お問合せは、ご希望の校舎までお電話ください。【受付】13:30〜22:00(日祝除く)

  • 高田馬場校

    03-3205-8098

  • 巣鴨校

    03-5940-3369

  • 西日暮里校

    03-5850-2710

  • 王子校

    03-3927-8070

  • 板橋校

    03-5943-3125

  • 南千住校

    03-5615-3933

  • 木場校

    03-5665-2370