生徒の声・合格体験記

合格を勝ち取った生徒の声には、何かを乗り越えた体験があります。

都立竹早高校合格のA.Marumoさん

4か月の短期間で学力向上。
基礎から学んだ英語が得意科目になり、模擬試験では満点も。

都立竹早高校合格体験記

中学3年生の9月末、私は稲門学舎に入塾をしました。
人生初の塾にワクワクしながらも、1つ大きな不安を抱えていたのを覚えています。それは、時期に見合わない実力不足です。受験生にとって大切な夏休みを部活動中心で過ごしてしまった私は、模擬で竹早の合格目安である点数をはるかに下回る結果を出し、自信をなくしていました。しかし稲門の先生方は志望校を下げようとは言わず、どうやって成績を伸ばしていくか前向きにお話をしてくださいました。私は、そこで初めて「自分にもできるかもしれない」と思うことができ、勉強と真剣に向き合えるようになりました。

具体的に、授業では数学と英語を学習していました。数学は5教科の中で最も苦手意識が高く、学校の授業についていくのが精一杯な状態でした。しかし稲門の授業でテキストを進め、分からない所を解説してもらったり、具体的なアドバイスをいただいたりする中で自分の弱点を1つ1つ克服できているのを感じられました。また、どうしても解けない問題に当たったとき、先生がそのテキストの答えを読んで教えるのではなく、一緒になって問題をどう解いたらいいのかを考えてくださいました。なので授業がとても楽しく、問題を解けたときの嬉しさはとても大きなものでした。

英語は学校の授業や定期テスト対策以外にほとんど何もしてこなかったため、模擬のような入試に近いテストでは全て“なんとなくこれだろう”という感覚で点を取っているような状態でした。そのため、授業では基礎的な文法などから学びました。しかし、いざ長文を読んでみると話の内容が掴めないことがあったり、英作文で伝えたいことが上手く英文にできなかったり、苦戦することがありました。そんな時、先生はその場で英語を和訳して読み、単語の意味と文の作りがどうなっているかを丁寧に教えてくださいました。また、大の苦手であった英作文は専用のテキストでの学習が進められ、解答を全て添削し、アドバイスをくださいました。それらのおかげで英語は1番の得意教科となり、1月の模擬では満点を取ることができました。

稲門の先生方は一般入試だけでなく、推薦入試のサポートも全力でしてくださいました。特に、小論文は対策用の問題を用意してくださったり、細かい添削とアドバイスをいただきました。授業外であっても、忙しい間を縫ってたくさん協力していただき、本当に感謝しています。おかげ様で本番、全力を出し切って合格することができました。

はじめに書いた通り、合格から程遠かった私が4ヶ月間で大きく力を伸ばすことができたのは、これまでお世話になった先生方みなさんのおかげです。担当していただいた朝音先生、理彩先生、冬期講習でお世話になった先生方、そして佐藤先生、馬場先生、櫻井先生、本当にありがとうございました。(2019)

本人直筆の合格体験記はこちら

お問合せは、ご希望の校舎までお電話ください。【受付】13:30〜22:00(日祝除く)

  • 高田馬場校

    03-3205-8098

  • 巣鴨校

    03-5940-3369

  • 西日暮里校

    03-5850-2710

  • 王子校

    03-3927-8070

  • 板橋校

    03-5943-3125

  • 南千住校

    03-5615-3933

  • 木場校

    03-5665-2370