生徒の声・合格体験記

合格を勝ち取った生徒の声には、何かを乗り越えた体験があります。

都立上野高校合格のN.Komiyaさん

教科ごとに苦手を克服し、友達や先生に支えられ志望校合格!

都立上野高校合格体験記

小宮七汐さん

中学三年生になってから受験当日までの日々は、長いようでとても短かったです。夏に部活を引退した後の夏休みの間、私は塾の夏期講習だけで勉強した気になっていました。それまでは塾で出された宿題をやって、気が向いた時だけ受験勉強として苦手な教科をやるという生活をしていました。夏休みが終わるころ、初めてV模擬を受けた時、まったく良い結果が出せず少し落ち込みましたが、「まあまだ受験当日までには時間たくさんあるし、大丈夫だ」と思い、まったく焦ることをしませんでした。
しかし10月を過ぎても私の学力は一向に上がらず、V模擬の点数は自分が取りたいと思っていた点数より50点ちかく低い点数でした。これをきっかけに「このままじゃ駄目だ」と思い、本気で受験に臨もうと思うようになりました。

稲門学舎で私が特に点数が伸びたなと思うのは数学です。稲門学舎では週に一度数学を勉強していました。私は中学一年生の終わりから数学は私の中で苦手であるという意識を持つようになり、入試問題を見た時「私にはきっとこの問題は解けない」と心の中で思い込むことが多くありました。
でも少しでも多く点を取るために、簡単な問題から一つ一つ苦手を消そうとたくさん問題を解いて、分からない問題は先生にどんどん聞くようにしました。他にも、どの問題に時間を使って、どの問題をより早く解くのかなど、先生に相談に乗ってもらいました。その結果、少しずつ入試問題への抵抗がなくなり、点数も上がってきたことから自分に自信がつきました。

英語では初め長文を読むのがとても遅く、いつも時間内にすべての問題に目を通すことができませんでした。そこで授業内では長文に慣れるため、フォレスタゴールの長文をたくさん解いたり、解く時間を目安よりも短い時間に設定して解いてみたりしました。また、流し読みをして何度も同じ場所を読むことによる時間ロスを減らすということもしました。
その結果、本番では時間内にすべての問題に目を通して、見直す時間も作ることができました。

ラスト一カ月は学校から帰宅したらすぐに勉強に取り組んだり、朝早く起きて静かな内に暗記系統をやったりしました。
受験当日が近づくにつれて、自分のやっていることに疑心暗鬼になりがちでしたが、支えてくれた友達や両親、また点数が上がるように色々アドバイスをしてくださった先生が居てくれたから私は都立に合格できました。ありがとうございました。(2018)

本人直筆の合格体験記はこちら

お問合せは、ご希望の校舎までお電話ください。【受付】13:30〜22:00(日祝除く)

  • 高田馬場校

    03-3205-8098

  • 巣鴨校

    03-5940-3369

  • 西日暮里校

    03-5850-2710

  • 王子校

    03-3927-8070

  • 板橋校

    03-5943-3125

  • 南千住校

    03-5615-3933

  • 木場校

    03-5665-2370