室長レター― 西日暮里校

『受験期に親が出来ること。』

新年あけましておめでとうございます。
今年もどうぞよろしくお願いします。

さて、稲門学舎では冬期講習が終わり通常の授業が再開しましたが、生徒達の入試も始まり、どんどん合格情報が入ってきています。
この時期になると保護者の皆様は、ある意味で生徒本人よりも神経質になり、

「私は今、何をすべきか?このままでいいのか?他に何かできることはないか?」

とお悩みになり、私までご相談いただくことがあります。
お気持ちは大変よくわかります。

「え、この時期でそんな間違えをするの……?」
「なんで試験1週間前なのに、家で漫画やアニメばっかり見ているの?」
「代われるなら自分が代わって受験したい……。」

きっとこういう想いをされてきたのではないでしょうか?

私も何度も経験しています。
しかし、こういう考えを親や私が抱いていても、生徒自身は何も勇気づけられたり、力づけられたりしません。親や講師がイライラしていても、直接叱っても生徒のヤル気を削ぐだけです。ですから、この時期は、「どうやったら万全の体調で受験できるか?」だけを考えていただきたいのです。

受験期の追い込みの勉強は確かに大事です。
伸びる要素はまだまだあるかもしれません。

しかし、生徒を、自分の子どもをよく見てください。

疲れた顔をしていませんか?

この時期は勉強していなくてもプレッシャーだけで疲れてしまいがちです。
ですから、私が是非お願いしたいのは、子供が自宅に帰ってきたら、
「おかえりなさい。今日もがんばったね。」
と温かい声をかけていただきたいのです。

そして、しっかり食事をさせ、夏や秋よりも少しだけ多い睡眠をとらせて下さい。
受験生の楽しみはその2つしかないので、出来ることでしたら、この2つを全力で充実させてあげて下さい。

生徒は「美味しい」とも「ありがとう」とも言わず黙々と食べてしまうかもしれませんが、必ず感謝しています。

何卒よろしくお願いします。

 

  

 

 

 

 

お問合せは、ご希望の校舎までお電話ください。【受付】13:30〜22:00(日祝除く)

  • 高田馬場校

    03-3205-8098

  • 巣鴨校

    03-5940-3369

  • 西日暮里校

    03-5850-2710

  • 王子校

    03-3927-8070

  • 板橋校

    03-5943-3125

  • 南千住校

    03-5615-3933

  • 木場校

    03-5665-2370