室長レター― 巣鴨校

ワークと勉強と日々の生活

こんにちは!
いよいよ夏休み終盤戦です。後悔の残らぬよう最後までしっかりと勉強を頑張っていきましょう!

さて今回の室長レターですが、先日、友人と話をしていた際に、「ワーク(課題・タスク等)ができる」の定義について議題にあがりました。今回はその話と受験勉強について話したいと思います。

まず、ワークができるためには自身に求められていることが何かを理解することが必要だと私は思います。それは、数値であったり速度であったりと状況によって様々です。ただ「このワークをやって」と言われても、何を優先するかまず考えてから行動すべきことが大切です。他にも例えばやるべきことがA・B・Cと3つあったとしたら、ほとんどの人がAを100%にしてから、Bを100%にして、Cを100%、と順番に行います。もちろんこれで期日内に終えることができる量であれば問題はないですが、不可能な量であった場合、例えば睡眠時間を削るなどのムリがかかり効率的ではないと私は考えます。例外はありますが、ABCまず60%以上にして徐々に100%に近づけていくのが一つの最適解だと思います。

上記の能力は、学校の授業だけでは身に付きません。では、私はどのようにして上記の考えに至ったかというと、受験勉強を通じてこのように考えるようになりました。例えば、目標を決めてそれに必要な参考書や勉強量を考えることで計画性が身に付きます。1科目だけでは合格できないので、合格ラインに至ったら別の科目も同時に進めていくことで上記のようなアプローチが取れます。他にも、数学の問題を解くときに出題者はどういう意図でこの問題を出しているのか考えることで問題の解き方がわかったりします。毎日コツコツ英単語を覚えていくことで、日々の積み重ねの重要性に気づけます。といったように、間接的に様々なことを受験勉強から学べるのです。

と、長々と話してきましたが、結局のところ勉強に限らずどんなことにも学ぶべき点はあると私は思います。ただなんとなく行動するのではなく、ひとつひとつ考えながら行動するのでは短期的にみると小さな差ですが長い期間で大きな差が生まれます。
人生を豊かに過ごすために、ぜひ日々の行動を考えながら行動してみてください。なんていうことのない日常でも、おそらく視野が広がり新たな発見ができるかと思います。

お問合せは、ご希望の校舎までお電話ください。【受付】13:30〜22:00(日祝除く)

  • 高田馬場校

    03-3205-8098

  • 巣鴨校

    03-5940-3369

  • 西日暮里校

    03-5850-2710

  • 王子校

    03-3927-8070

  • 板橋校

    03-5943-3125

  • 南千住校

    03-5615-3933

  • 木場校

    03-5665-2370