室長レター― 板橋校

『意識の変化』

約一ヶ月半の長いようで短い夏休みが終わりました。稲門学舎では、夏期講習を行いました。生徒たちの様子を見ていて、この1ヶ月で生徒たち(主に受験生)の意識に変化が起きたと感じました。その中の一例を今回は書かせていただきます。

公立中学校3年生の仲の良い二人がいます。夏期講習前までは、二人で自習に来て勉強をしていました。飽きると我々スタッフのところへ来て、今日あったことなど雑談をしに来ていました。
毎年中3の受験生によくあるパターンです。中3になって、親から「受験生なのだから自習に行ってきなさい」と言われ、塾に来るものの集中力が続かず飽きてしまうパターンです。この原因は、「目標(志望校)が定まっていない」ことだと考えています。例年、「あの学校に行きたい!」という意識が生まれると、生徒たちは自習に来て自ら進んで勉強をします。
夏休み前、目標が定まっていないこともあり、お話をしに来る生徒にプリントを渡し「これが終わったら帰ってもいいよ」など、あの手この手で勉強をさせていました。

しかし、学校見学に行き始めてから行動がガラッと変わりました。今まで一緒に自習に来て近くに座っていた二人が、お互い目の届かない席に座るようになったのです。そして、一人でも自習に来るようになりました。また、「この都立に行きたいけど、併願が決まらない。どうしたらいいですか?」と相談しに来るようにもなりました。会話の内容も変わったのです。
この二人を見ていて、我々大人が「勉強しなさい」「自習に来なさい」「自習に行きなさい」・・・と声をかけても、生徒自身の「意識」が変わらないと、学習効果は上がらないと改めて感じました。

夏休みが終わり、この時期から学校の内容は格段に難しくなります。一年の真ん中の時期はよく「中だるみの時期」とも言われます。この2つの要素が絡まり合い、秋頃から学校の内容についていけなくなったという話を、入塾前のご家庭と学習相談をしていてよく耳にします。

板橋校では、夏休みが終わってから生徒との面談を実施し「目標の設定」を行っています。
「次のテストで〇〇点取りたい!」
「学年〇〇位をとる!」
この宣言が、前述した二人のように「意識と行動」を変えてくれると信じています。そして、「自分で目標を立て、行動する」という重要性に気づき、社会に出てからも自ら目標を設定し、行動を起こせる人間になってくれることを願っています。

お問合せは、ご希望の校舎までお電話ください。【受付】13:30〜22:00(日祝除く)

  • 高田馬場校

    03-3205-8098

  • 巣鴨校

    03-5940-3369

  • 西日暮里校

    03-5850-2710

  • 王子校

    03-3927-8070

  • 板橋校

    03-5943-3125

  • 南千住校

    03-5615-3933

  • 木場校

    03-5665-2370