室長レター― 板橋校

『受験とダイエット』

先日、年に1回行われる「全体講師研修会」がありました。研修会には、稲門学舎の全講師が集まります。その講師代表で発表していた方の話の中で、「スケジュール管理」と「自習」の大切さを改めて感じました。

特に高3に関しては、授業だけではなく、いかに「自分で教材を進められるか」が大切な要素となります。入試までの残り約7ヶ月。この限られた時間の中で、合格力をつけるのは簡単なことではありません。

先日、ある高3の生徒と面談をしました。その中で、入試までに仕上げなくてはいけない問題集の確認を行い、どのくらいのペースで進めていかなくてはいけないかを生徒自身に決めてもらいました。面談前においても、たくさんの教材をやらなくてはいけないとわかっていたはずです。しかし、実際具体的なスケジュールを立ててもらうと、生徒自身「終わらないーーー」と実感します。もちろん、今のペースでは終わりません。しかし、終わらせなければ「合格」が危ぶまれます。では、終わらないのはなぜか。
・勉強時間が足りないから
・隙間時間を有効活用できていないから
・スケジュールを効率よいものにできていないから
・・・・・・
ここまで言うと、さすがに生徒の表情は曇ります。(笑)
ただ、夏を迎える前にこの事実を把握できたことは幸運です。まだ間に合います。
夏明けに把握していたら間に合いません。

門学舎は、HPにも記載されていますが、合格実績を多数出しています。合格していった生徒たちは、受験期間中、血の滲むような努力をしていました。とはいえ、大多数の生徒は、長時間の勉強をはじめからできたわけではないのです。それを実現できたのは、講師や事務スタッフ、そして教室長からの、
「スケジュール管理」
「励まし」
があったからです。計画通りであれば褒め、遅れ気味であれば励ます。教室全体で生徒に寄り添うことが、生徒を勇気づけると感じています。

某ダイエットジムでは、カリキュラムが尋常じゃなく過酷だそうです。そこだけ聞くと「絶対自分には無理だな・・・」と思います。しかし、トレーナーによる日々の「管理」や「励まし」によって、乗り越えることができると聞いたことがあります。

ダイエットも受験勉強も、本質は同じです。
「辛い日々を乗り越えて、理想の自分を手に入れる」

これまで同様、生徒たちを褒め、励ましながら、成績を伸ばしていけるよう邁進致します。

お問合せは、ご希望の校舎までお電話ください。【受付】13:30〜22:00(日祝除く)

  • 高田馬場校

    03-3205-8098

  • 巣鴨校

    03-5940-3369

  • 西日暮里校

    03-5850-2710

  • 王子校

    03-3927-8070

  • 板橋校

    03-5943-3125

  • 南千住校

    03-5615-3933

  • 木場校

    03-5665-2370