室長レター― 西日暮里校

『雨の日は』

みなさんこんにちは、元気で過ごしているでしょうか。暑くなり雨も降ってきて「梅雨がきたなぁ」と思いつつ室長レターを書いています。

みなさんは好きな音楽はありますか?上田は嵐の5人が言えないとか、KANA-BOONを知らないなど、よく生徒から時代についていっていないといわれる(悲しい!)ほど、最近の音楽はあまり聴かないのですが・・・(笑)

雨が降ると私はカーペンターズの「Rainy Days And Mondays」をよく聞きます。中学1年のときの英語教材でコラムの欄に出てきた曲なのですが、一度聴いただけでドはまり。神曲認定です。歌詞もさることながらカレンの歌声に惹かれました。

詳しい歌詞や内容は是非ともネットで検索してみてほしいのですが、その中でも気に入っているフレーズが
“Funny but it seems that it’s the only thing to do
Run and find the one who loves me”
です。
「おかしな話やけど、やらんといかんことはひとつしかなくて、外へ出て愛する人をみつけることなんよ」
ざっくりとこんな訳でしょうか。
憂鬱な気分になったとしても、やるべきことはそこから踏み出すことなんだよという内容に「ああ、前へ進まないといけないんだな」と子供ながらに思ったものです。

気持ちが沈んだり悩んでいることがあったりということは往々にしてあります。知人や生徒からそういう相談をされることもありますが、そのときに必ず私は「その日いっぱいは悩んでいい。人間感情がどうしても抑えられない日もあるから。そういうときにはおいしいもの食べてしっかり寝る。ただその次の日にはなんとか解決策を見出そうと奮闘すること」と伝えています。「前へ進もうとする」ことをまずは自分の中で「意識付ける」ことをしようと。進まなくてもいい。「進んでいこうという気持ち」を「持とうとする」ことは大切だと思っていて、その大元にはカーペンターズの歌詞があるのかなと思っています。

みなさんも好きな曲の歌詞、ふと立ち止まって考えてみてください。カーペンターズを聴いたことない方は他の曲も名曲ぞろいなので是非とも聴いてみてください。人生の指針的なものを発見できるかもしれませんよ。

お問合せは、ご希望の校舎までお電話ください。【受付】13:30〜22:00(日祝除く)

  • 高田馬場校

    03-3205-8098

  • 巣鴨校

    03-5940-3369

  • 西日暮里校

    03-5850-2710

  • 王子校

    03-3927-8070

  • 板橋校

    03-5943-3125

  • 南千住校

    03-5615-3933