室長レター― 巣鴨校

『目標の達成』

桜も開花し、季節は春です。稲門学舎 巣鴨校でも、新学年がスタートし、多くの生徒がそれぞれの目標に向け始動しています。

今回は、目標の達成に向けた話です。

先ず、「将来、〇〇になりたい。」とか「○○大学に合格したい。」などの大きな目標を立てましょう。大きな目標までの道のりは遠いです。大きな目標までの道のりを細かく分けて考え、それを小さな目標としましょう。そうして少しずつ目標を小さくしていくと、課題となります。課題を積み重ねることで大きな目標達成に少しずつ近づくのです。

例えば、「都立A高校に進みたい。」という大きな目標を立てたとします。そうすると、「内申を50/65にする。」という少し具体的な目標が立ちます。そして、各教科に対して、「内申を5に上げる。」、その為に「次回定期テストで90点をとる。」といった風に、目標もより具体的になります。目標が更に具体的になってくると、「次回定期テスト前に、学校のワークを2周、間違えた問題は更に3周する。」などの課題となり、「今日1日でワークを3ページ進める。」といった明確で、実現可能な課題となります。

慣れてしまえば、ここまでは一人ででも出来ることなのですが、ここからは一人では難しいこともあります。一つは、計画の修正です。やりたいことや、やるべきことは一つではない人も多いでしょう。その日の課題が達成できないことも多々あると思います。
課題が達成を困難に感じた時に、計画の修正が必要になってきます。中学生や高校生くらいで、強い意志を持って自分で計画を立て直すことが出来る人は稀です。そんな時に、経験のある相談相手が必要になってきます。

もう一つは、本来の目標を見失わないことです。定期テストで点を取ることは目標でもありますが、最初に立てた大きな目標を達成する上での手段に過ぎません。課題が具体的であればあるほど、人は目的を忘れがちです。最初の目標を再確認することは、日々の学習が、ただの作業にならない為にも、モチベーションを維持する上でも大切です。課題に熱中すればするほど、一人で気付くことは難しくなります。伴走者たる存在がいると、気付かせてくれる場合も多々あると思います。

稲門学舎では、毎授業、担当講師と目標の共有、課題の確認(必要があれば修正)を行います。そうすることで、皆さんの学習への関わり方が、大きな目標へ近付けるものに変わっていき、皆さんに大きな目標を達成していただきたいと考えております。

いつも巣鴨校生の隣に
巣鴨校 室長 千石

お問合せは、ご希望の校舎までお電話ください。【受付】13:30〜22:00(日祝除く)

  • 高田馬場校

    03-3205-8098

  • 巣鴨校

    03-5940-3369

  • 西日暮里校

    03-5850-2710

  • 王子校

    03-3927-8070

  • 板橋校

    03-5943-3125

  • 南千住校

    03-5615-3933