教育理念

成績を上げ自信を持たせる。―未来を担う人材を育成するー

稲門学舎の理念

生徒の82%が自分の授業の無い日も教室で勉強しています。

img-feature-01

これは、生徒たちの努力の証ではありますが、教師陣の熱意の証でもあると思っております。
ではなぜ、生徒たちがわざわざ教室に来て勉強するのでしょうか。
それは、生徒が教師と約束した学習課題(宿題)を完了させるためです。この学習課題は、生徒1人ひとりの学力を把握した上で、目標達成という未来から逆算して担当教師が与えています。よって、その量は生徒によって異なりますが、どの生徒も今までの学習量より多くなっています(保護者様の84%が『子どもの学習量が増えている』と実感されています。弊社アンケートより)。
もちろん、この課題は自宅でやっても構わないのです。但し、今までの学習習慣を改善して学習量を増やすということは簡単なことではありません。それを解決させるためには2つのポイントがあると考えています。
1つは、生徒1人ひとりに、何を・どれだけ・どのように・いつまでやるのかを常に明確にしてあげること。そして、もう一つは、生徒の学習習慣を向上させる環境と仕組みを提供することにあると思っています。

学習課題は「過去・現在・未来」を明確にしています。

img-feature-02

稲門学舎では、学習課題を「過去」「現在」「未来」に分けて管理しています。
「過去」とは、既に学習した範囲の内容をしっかりマスターさせる課題、「現在」とは、学校の授業で進行中の内容をしっかり理解させる課題、「未来」とは、まだ誰からも教わっていない領域にチャレンジさせる課題のことです。
当たり前のことかもしれませんが、この「過去」「現在」「未来」の学習課題を生徒と共有することが、生徒1人ひとりにとっての「何を・どれだけ・どのように・いつまで」といった「勉強のやり方」につながるからです。目標達成のための確固たるプロセスと明確な学習プランが真の学力向上に結びつくと考えています。

時間の共有とアクティブラーニングで目標達成を目指します。

img-feature-03

いかに明確な学習プランがあったとしても、生徒の心の中に目標達成への「自信」が育まれていかなければ、学習習慣を向上させることは難しいのです。そのためには、生徒の日々の小さな成長に教師も生徒自身も気付くことが大切です。そのために大切なことが2つあると考えています。1つは、教師と生徒がより多くの時間を共有することです。これも当たり前のことかもしれません。ただし、個別指導塾で授業の時間数を増やすことはその分費用がかさむことになります。なにも、時間を共有する方法は授業でなければならないということではありません。教室自習であっても教師と時間を共有することは可能です(詳しくは「自習制度」を)。もう1つは、生徒に説明させることです。稲門学舎の個別指導は、教師が一方的に解説するだけでなく、逆に生徒に説明させる時間を大切にしています。生徒が理解?した内容を言葉にして説明させることによって、生徒は自分の理解度に気付かされます。また、論理的に整理することができるので、苦手意識を確実に解消させることができます。このように、個別指導の中でアクティブラーニングの長所を取り入れています。そして、これこそが生徒の成長を認める機会になっています。

教育理念「成績を上げ自信を持たせる~未来を担う人材を育成する~」

私たちは、自分の限界を決めつけている子どもたちに良く出会います。だからこそ、新たな目標を持たせます。私たちもそうであったように、人との出会いがきっかけとなって新たな目標が生まれます。したがって、生徒に新たな目標を芽生えさせることが教師力の1つだと考えています。そして、中学受験・高校受験・大学受験・内部進学の成功の秘訣は、あたり前のことかもしれませんが「より高い目標を持つ」ことと、合格するために必要な「勉強のやり方」を身につけることに尽きると考えています。そのために私たちは、子どもたちの学習量を増やして学習習慣を向上させます。勉強のコツをつかむためには、やはり学習量が必要です。前述したように、私たちはより多くの時間を生徒と共有するように努めています。だからこそ、教師はもちろん生徒たちも新たな発見に出会えるのです。人は、自分の「長所」や「得意分野」を発見することによって自信を持ち始めます。自信が芽生えれば、人は物事に対して積極的になります。自ら考え、行動し、そして新たな目標に向かって常に前進していける人の育成、それこそが稲門学舎の最終目標です。志望校合格という目標達成への取り組みを通じて「未来を担う人材」を育むことができるよう日々精進を重ねて参ります。

塾長 西岡 悟

資料請求・無料体験授業のお申込みはご希望の校舎まで

  • 高田馬場校

    03-3205-8098

  • 巣鴨校

    03-5940-3369

  • 西日暮里校

    03-5850-2710

  • 王子校

    03-3927-8070

  • 板橋校

    03-5943-3125

  • 南千住校

    03-5615-3933

受付時間 13:30~21:30(日・祝日を除く)